>

誰が泊まりに来ても良いように

シンプルな内装にする

子供部屋をゲストルームにする場合は、内装をシンプルにするのが良い方法です。
もともと子供部屋だと、壁紙がカラフルで明るいデザインかもしれません。
しかしそのように子供っぽい雰囲気だと、宿泊する来客が落ち着きません。
壁紙を白やベージュにして、落ち着く雰囲気をイメージしてください。

また布団やベッドなどを用意して、いつでも誰かが泊まれるように掃除してください。
急に来客が来て、そのまま泊まっていくことがあります。
ゲストルームを用意していないと、その時に慌てて部屋を片付けることになるので恥ずかしいですし、掃除している間に来客を待たせてしまいます。
すぐに綺麗なゲストルームに案内できると、好印象に見られるでしょう。

ホテル代を削減しよう

巣立った子供が、時々帰省するかもしれません。
その時にゲストルームに泊まることも可能なので、宿泊できる用意を整えておくのが良い方法です。
もし子供部屋を他のことに使って子供が宿泊できない状態になっていた場合は、帰省するたびに子供はホテルを用意しなければいけません。
するとホテル代が発生するので、どのくらいの頻度で子供が帰ってくるのか考えましょう。

頻繁に帰省したり、知り合いが泊まったりする場合はゲストルームにするのが良い方法です。
お客さんがゲストルームで過ごす時にリラックスできるよう家具を置いたり、カーテンの色を決めたりするのは楽しいと思います。
部屋をコーディネートすることが、新しい趣味になるかもしれませんね。


この記事をシェアする